マインドフルネス講師KeikoのココロとカラダをととのえるBlog

あなたの「べき」はなんですか?

あなたは自分の中に

「○○すべき」
「○○であるべき」

という「~べき」がありますか?

「仕事は真面目にすべき」
「周りには気を遣うべき」
「人には親切にすべき」

いろいろな「~べき」を自分に課して、日々一生懸命がんばっていませんか?

そこでご提案。

「~べき」をここで一度、
思いきって 手放してみませんか♪


心がラクになって、
驚くほど生きやすくなりますよ😊

目次

ありのままに見る

マインドフルネスの大事なキーワードに

判断(ジャッジ)せずに
「ありのまま」に見る

というのがあります。

「ありのまま」というのは、

自分の”価値観”というフィルターを通して物事を見ない

ということ。

みんな、それぞれ自分の価値観を持っていますよね。

  • 育った環境
  • 親や先生からの教え
  • 自分が体験したことからの学び

いろんな経験が自分の価値観を作ります。

それはとても自然なこと。
でもそれが

「~べき」

という自分の中の「ルール」になって、
その「ルール」を人にも求め、

裏切られたとき
期待と違ったとき

「普通 〇〇 でしょう~」

というストレスになってしまうことも…

 

「普通」ってなんだろ!

人それぞれの「基準」

私自身、「~べき」がとても多かった(;^_^A

そして、人に対して誠実で真面目であろうとすればするほど、

同じくらい無意識に周りにも求めて

しまっていたのでした。。。

(私はこんなに頑張ってるのに…)
(なんでそんないい加減なの!?)
(もっと気を配っていこうよ~~)

などなど…


ふぅ。。。


今思えば、自分も息苦しいけど、周りにも無意識に息苦しさを与えてしまっていたに違いない💦

 
たとえば、
返事が「遅い」「早い」なんて、
本当に人の基準はそれぞれですよね!

「私だったら相手のためになるべく早く返事をするけど」

なんてそわそわしていても、相手は

「明日返そう~」

とのんびり思っていたり、
すぐに返せる状況になかったり。

それを、自分の基準

『なるべく早く返す』

にあてはめて

「普通早く返事するよね…」
「乗り気じゃないのかな?」
「なんかあったの~?」

なんて想像をめぐらせては、
自分でストレスを量産していました。
 

「べき」の多さ
   
「ストレススイッチ」の多さ

ともいえそうです。

ストレススイッチを減らそう♪

「おおらかな人」
「器が広い人」

なんて人の性格を表現することがあるけど、それはもしかしたら

  • 持っている「べき」の数が少ない
  • 「べき」の許容範囲が広く深い
  • 事実をありのまま受け止めている
  • 自分の価値観に当てはめない

そんな人のことなのかもしれないなぁ~

と思っています。

あきらかに嫌~な思いをさせるような人や
迷惑な行為にまで

「ありのまま受け止めなければっ」

とムリにがんばる必要はないし、
そこまで懐の広い人にはなれそうもないけど…

ちょっとした考えの違いは、

人はそれぞれ
自分と違う基準や価値観を持っている」

と思えるようになると、
起こる出来事や人に対して、前よりずっと穏やかにのんびり構えられるようになりました♪

自分の「べき」は自分の信念として大切に持ちつつ、
自分以外の出来事や人に対しては「べき」の許容範囲を広く深く広げておく。

それは、結果的に

自分のストレスマネジメント

になるなあ~と実感しています。

あなたの「べき」は何ですか?

マインドフルネスは、
心が軽くなる「あり方」や「とらえ方」
を教えてくれます。

自分を客観的に見ることで、
まずは自分の持っている
無意識の「べき」に気づくこと。

そして気づいたら、自分のために手放してみませんか。

きっと今より心がラクになります。

あらためて…

あなたの「べき」は何ですか?

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる